Date: June 24, 2013

Author: admin

Tags: , , , ,

Comments Off on 清里にて震災孤児たちのための夏休み英語合宿

清里にて震災孤児たちのための夏休み英語合宿

images-1
期間:2003年7月29日(月)—8月3日(土)(5泊6日)
場所:キープ自然学校 : 山梨県北杜市高根町清里3545
電話:0551−20−7701
主催:エイド フォー ジャパン(Aid For Japan)
参加者:震災孤児のみ(7歳−20歳)ー参加費用は無料
内容:英国人の先生たちと清里の高原で、5泊6日を一緒に過ごします。
英会話の授業だけでなく、英語での歌、踊り、ゲーム、劇、そして乗馬、ハイキング、ピクニック、アートコースなどをします。
この合宿の前後1週間、英国人の先生方は、ロータリークラブの会員の御家族宅に、ホームステイをします。英国人は、ロンドン大学で日本語を勉強中の女子学生たち、音楽家、サッカーのコーチ、アートクラフトが趣味の女子大学生です。
問い合わせ先:info@aidforjapan.org.uk 田中ソロウェイ明美

現在、7名集まっています。17名集まったら、締め切ります。

 

英国人たちと一緒の夏合宿の内容 

More

Date: April 28, 2013

Author: admin

Tags: , , , , ,

Comments Off on 2013年春の日本での活動報告

2013年春の日本での活動報告

3月28日(木)
春日部西ロータリークラブの例会を訪問して、エイドフォージャパンの活動を紹介する

3月29日(金)
2013年の夏の英語合宿参加に興味があり、現在大学で教えているマーティンと面接。

3月30日(土)
清里の夏の英語合宿の場所、キープの下見に行く。

3月31日(日)
東京マラソンで走って、私たちのチャリティーのファンドレイジングをしてくれたデビッド、そして私たちのトラスティーの一人である早川純香さん、私

たちの活動を支援してくれているザックと私、合計4名で話し合い。

Screen Shot 2013-05-19 at 20.28.314月1日(月)
南三陸町近くにて、のぶこさん(44歳)と男子(12歳)と会う。彼女の妹さんが津波で亡くなり、孤児になった彼を御主人様と育てている。この御夫婦は、子供はいない。

4月2日(火)
仙台駅にて、オーストラリアから前夜帰って来たかなさんと会う。
その後、まりあちゃんの住む児童養護施設を訪ね、小学校が無事に終わり、6年生の成績表を見せてもらう。かなり良い成績で、性格もとても良い、とのコメント。中学校の入学の準備のため、一緒に新しい靴を買いに行く。学校の新しい制服とかばんも見せてもらう。その後、妹のひろみ(当時38歳)さんを津波で亡くし、その娘さん(7歳)を育てている独身の荒さんと会う。彼の両親と同居。 More

Date: April 4, 2012

Author: admin

Tags: ,

Comments Off on 2012年4月の日本での活動報告

2012年4月の日本での活動報告

今回、震災孤児に会いに日本に行ったのは3名でした。
リーダー:田中 ソロウェイ 明美 「エイドフォージャパン」の創設者
そして、彼女から日本語を学んでいる英国人生徒
Mr Alistair Coffey (15歳)と Miss Josie Dunne (21歳)

日本訪問前の準備

  • 1、昨年12月に宮城県を訪問後、宮城県保険福祉部とメールでやりとりを続けました。
平成24年3月27日付け『子育て支援課』が作成し、震災孤児の関係者に配布するた『両親が死亡、行方不明のお子さんを親族が育てる場合の経済的支援一覧表』に加えていただく事ができました。公的と私的な団体が20以上並んでいます。そのリストの一番最後に「エイドフォージャパン」が掲載されております。外国からの正式な支援団体は、わたしたちだけです。
  • 2、仙台大学の教授で、『こども未来基金』の創設者の高成田教授と、昨年12月に仙台でお会いした後、メールや電話でやりとりを続けました。今回私たちの訪日の前に、「エイドフォージャパン」の活動内容を孤児の方々にお知らせしてくださり、一人の震災孤児と会う事を設定してくださいました。
More

Date: December 30, 2011

Author: admin

Tags: , , , , ,

Comments Off on 震災後の現地訪問

震災後の現地訪問

2011年12月21日から26日まで、日本女性2名で、児童養護施設をまわりました。震災孤児たちに何ら関係のある団体の方々とお目にかかり、ご挨拶と自己紹介をしながら、これからどのように震災孤児たちを支援していったら良いものか、ご助言をお伺いしました。そして英国から持参したチョコレートとクリスマスカードのプレゼントを子供達に渡しました。

12月21日に東仙台駅近くの児童養護施設「ラ・サール・ホーム」訪問。
22日『東北にSOS子どもの村を』プロジェクトでの説明会に参加
Visit the website http://cv-f.org/
そこで宮城県児童相談所所長様、宮城県保健福祉部子育て支援課課長様とお会いする。その後、仙台から石巻へ行き、宮城県東部児童相談所の方と、相談所にてミーティング。その後、石巻でボランティアをしているロンドンからのジェイミーと会い、情報交換。
23日 宮城県気仙沼市の児童養護施設「旭が丘学園」訪問。 More