Date: August 27, 2013

Author: admin

Tags:

Comments Off on 清里夏休み英語合宿:スタッフ感想

清里夏休み英語合宿:スタッフ感想

チームリーダー
大澤雪菜

 

この度は、私どもAid for Japanの夏合宿の趣旨にご賛同頂き、ご支援頂きまして、心より感謝申し上げます。

私たちの合宿レポートをお送りさせて頂きます。

1日目は、東京観光。あいにくの雨の為、サンシャイン水族館へ。

水族館は初めての子供もいて、おおはしゃぎしていました。どの魚がかっこいいとか、かわいい・・また美味しそうなんていう会話も出て、ゆっくりは出来なかったものの、楽しい時間を過ごしました。

その後は、全員京王プラザホテルに集合し、貸切バスにて清里へ。バスの中では、お互いの趣味等を話しての自己紹介タイムでした。

  • 2日目の午前中はハイキング。

教会や駅周辺を通り、「萌木の森」まで散策。歩きながら子供達の好きなアニメの曲を聴いたり、歌いながら行き帰りで、皆との距離が少しずつ縮まって行きました。

午後は、音楽編集を専門にされているボランティアの方も合流。「歌を作ろう」という合宿内の企画の1つを始動。歌詞を考えました。「支援して頂いた方への感謝の気持ちと、これからも皆で一緒に頑張っていこう」という思いをこめた曲に決定。歌詞を考える際、希望として15歳男子の「皆が安全でいれること」という言葉が、心に深く響きました。 More

Date: August 27, 2013

Author: admin

Tags:

Comments Off on 清里夏休み英語合宿:子供達の感想文

清里夏休み英語合宿:子供達の感想文

1、かなさん (18歳女子)
今回の合宿に参加していろんな人と出会いました。イギリスの方も日本の方も優しくて素晴らしい人ばかりでした。BBQやパーティーをしてくださったり、気さくに話しかけていただいたりして嬉しかったです。人と関わるのは好きで、仲良くなりたい、話したいと思うのですがうまくできなくて私は人づきあいが苦手だと改めて感じました。そんな自分が嫌なのでこれから変わっていきたいです。

それぞれ違いはあるけど同じ境遇の皆さんに会えたのも良かったです。自分より年が下のみんなが同じような経験をしたと考えるとなんだか悲しかったけどとても元気な印象でした。みんなでサッカーや野球をしたのは楽しかったです。スポーツは何も関係なしに仲良くなれて楽しめていいなと思いました。

また、明美さん雪菜さん信子さんなどいろんな人の話を聞いてこんなに真剣に考えているんだと感じたし言い方は悪いけど他人のためにどうしてここまでしてくれるのかと思いました。 More

Date: August 24, 2013

Author: admin

Tags:

Comments Off on 私たちの活動が新聞に取り上げられました。

私たちの活動が新聞に取り上げられました。

newspaper_aidforjapan
8月2日
『山梨日々新聞』掲載

“震災孤児国際交流で励ます”
英国の慈善団体が清里合宿
英国のチャリティー団体「Aid for Japan」(田中ソロウェイ明美代表)が、北杜市高根町清里のキープ自然学校で、東日本大震災で両親を失った孤児を招いた夏合宿を開いている。3日まで自然に囲まれた清里でハイキングや歌作りを楽しみ、国境を越えた交流を深めようという試みだ。
ハイキング、歌作り楽しむ
同団体は、ロンドンで日本語や日本文化について教えている田中さんが2011年8月に設立。震災を見て、「多くの人が亡くなり、残された子供のために何かできることはないか」(田中さん)との思いからだった。これまでにも宮城県内の孤児を英国に招待するなどの活動をしてきた。
夏合宿は初めての企画だ。
7月31日~8月3日の日程で、宮城県内の7~18歳の孤児4人と友人1人のほか、英国や日本のボランティアが参加。一緒にハイキングをしたり、日本語と英語で歌を作ったりして交流している。 More