Date: December 14, 2018

Author: admin

Tags:

Comments Off on 『震災孤児をみまもる会』

『震災孤児をみまもる会』

『震災孤児をみまもる会』 ファンドレイジング夕食会 The charity dinner was organized by Aid for Japan 2011年の津波で両親を失ってしまった子供達を支援するために、鶴見の天王院が場所を提供してくださり、ファンドレイジングの夕食会を2018年6月30日(土)に行うことができました。 天王院のホームページ http://www.tsurumi-kubutsu.org/tennouin.html   参加者は、英国、アメリカ、イタリア、フランスのゾンタクラブの方々や、日本と英国のロータリアンやその他と国際色豊かな夕食会になりました。今回は、会で支援している両親を含め祖父母、妹をなくしてしまった17歳の女の子も仙台から参加してくれました。 茶道の、村野雪子先生が茶道を外国の方々に披露して、その後この女の子にモデルになってもらい、着物の着付けを、美しい帯の結び方も含めて紹介しました。   食べ物も全ておいしく、お寺の住職様にはお庭や本仏殿なども案内していただき、皆、とても大喜びでした。住職様を紹介し、いろいろとお手伝いしていただいた鶴見ロータリークラブの石渡様にも感謝いたします。 最後に、『震災孤児をみまもる会』の日本代表の早川純香様にお骨折りをいただいたことで、これが実現したことを述べたいと思います。 おかげさまで、68000円のファンドレイジングができ、これからも『震災孤児をみまもる会』は、活動を続けさせていただきますので、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。  

Date: August 20, 2018

Author: admin

Tags:

Comments Off on 6月の日本での様子

6月の日本での様子

『震災孤児をみまもる会』 ファンドレイジング夕食会 The charity dinner was organized by Aid for Japan 2011年の津波で両親を失ってしまった子供達を支援するために、鶴見の天王院が場所を提供してくださり、ファンドレイジングの夕食会を2018年6月30日(土)に行うことができました。下記のホームページで写真をご覧ください。 http://www.aidforjapan.co.uk/aid-for-japan-charity-dinner-tsurumi-japan/ 天王院のホームページ http://www.tsurumi-kubutsu.org/tennouin.html 参加者は、英国、アメリカ、イタリア、フランスのゾンタクラブの方々や、日本と英国のロータリアンやその他と国際色豊かな夕食会になりました。今回は、会で支援している両親を含め祖父母、妹をなくしてしまった17歳の女の子も仙台から参加してくれました。 茶道の、村野雪子先生が茶道を外国の方々に披露して、その後この女の子にモデルになってもらい、着物の着付けを、美しい帯の結び方も含めて紹介しました。 食べ物も全ておいしく、お寺の住職様にはお庭や本仏殿なども案内していただき、皆、とても大喜びでした。住職様を紹介し、いろいろとお手伝いしていただいた鶴見ロータリークラブの石渡様にも感謝いたします。 最後に、『震災孤児をみまもる会』の日本代表の早川純香様にお骨折りをいただいたことで、これが実現したことを述べたいと思います。 おかげさまで、68000円のファンドレイジングができ、これからも『震災孤児をみまもる会』は、活動を続けさせていただきますので、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

Date: April 21, 2016

Author: admin

Tags:

Comments Off on 震災孤児をみまもる会2016年予定

震災孤児をみまもる会2016年予定

Aid for Japan エイドフォージャパン 2016年の夏休みに、震災孤児を英国に招待する計画です。7月27日(水)から8月9日(火)までの14日間を予定しております。 We will invite orphans of the Tsunami this summer from Japan to U.K. 27th July (Wed) – 9th August (Tuesdayday)   対象:震災、津波で両親をなくした12歳から18歳。対象学齢のお子様同 士であれば、兄弟での応募も可能です。   The children who lost parents due to the Tsunami from 12 years old to 18 years old. Siblings can apply.   募集人数:3名。応募者多数の場合は、作文と英国との日本語での電話面接で決定します。 問い合わせ/ contact :info@aidforjapan.co.uk   田中ソロウェイ明美まで 締め切り:5月1日(日)   We will accept 3 children. If we receive a higher volume of applications than…

Read More…

Date: April 21, 2016

Author: admin

Tags:

Comments Off on 2016年 エイドフォージャパン: 震災5年目イベント

2016年 エイドフォージャパン: 震災5年目イベント

英国から震災孤児をみまもる活動の報告 by ポールブラウン   3月11日 WeWork 9 Devonshire Square, London, EC2M 4YD にて 今年は、2011年の東日本大震災から5年目です。被災地の方々や犠牲者への思いを込めて、そして復興を願いながらイベントを行いました。 わたくしたち、震災孤児を支援しみまもる『エイドフォージャパン』は、この機会に わたくしたちの活動やこれからの計画を報告するだけでなく、日本文化を紹介する内容も含めました。 今回、エイドフォージャパンは、英国の大手の新聞『テレグラフ』と『ガーディアン』 にて、紹介されました。加えてイベントにいらしてくださった方々には、直接報告できて良かったです。 最初に、禅僧のスキナー大山老師によるIn Heaven’s River の本の紹介。この本は17世紀の禅僧の円空により作られた仏像と詩選集です。円空は、洪水で母を失った孤児でした。 この本と、井上ひさしのTales from a Mountain Cave は、エイドフォージャパンへの寄付のためにイベントで売られました。井上ひさしの本の内容は、設定が被災が多大であった釜石になっています。 日本の伝統文化の武道も紹介されました。ジョンエバンズ先生とその生徒たちが不動舘道場の抜刀道のデモストレーションをしました。日本の古典的な武器を使っての技と自己鍛錬について話しました。抜刀の意味は、かたなを抜き、打つことです。修行者の完璧な訓練を目的としてます。 ジョン先生が説明したように、抜刀道は日本文化が本来もっているものを使う方法で、2011年の震災で被災して生き残っている方々の心模様とつながるかのようです。         ソロウェイ明美は、エイドフォージャパンがどのように子供たちの将来を明るくするか、希望を与えられるか、どのような活動をしているのかについて話しました。 そして、この夏に日本に行きボランティアでファンドレイジングをする少年2名を紹介しました。少年の母親は、ロータリアンです。また、この夏休みに日本から子供たちを英国に招待します。 その後、ジャスティンせんりゅうさんが、尺八を演奏しました。日本の伝統的な楽器です。       飲み物や食べ物もありました。地元のお寿司屋さん『まき』が寄付してくださったお寿司、そして『ジャパンセンター』からはおにぎり、『和菓子』からはドラヤキの寄付がありました。 このイベントの参加者は、2011年の悲惨な様子を見て更なる理解を深めたでしょう。 5年たった今でも、震災で被害にあった人々の心に影響を与えているでしょう。エイドフォージャパンが支援している子供たちは家族を失いました。その子たちのために、できるだけのことをし、これから支援していきます。 今回のイベントに御協力してくださった、ジャパンセンター、和菓子、まき、抜刀道不動館の方々に感謝の気持ちを述べて失礼申し上げます。 このイベントで、おかげさまで寄付金が10万円以上集まりました。    

Date: March 3, 2016

Author: admin

Tags:

Comments Off on 震災孤児をみまもる会、ロンドン:2016年

震災孤児をみまもる会、ロンドン:2016年

Aid for Japan エイドフォージャパン *** あの震災から5年目 ロンドンでの3月11日(金)のイベント Date: 3月11日(金) 19:30-21:00 場所: WeWork, 9 Devonshire Square, EC2M 4YD Entrance fee: 10ポンド 19:30 – 19:35: 開会式 19:35 – 19:50: 禅僧 Julian Daizan Skinner 老師 著書 円空について語る 本の販売の売上金は全額エイドフォージャパンへ寄付 19:50 – 20:05: 武道   抜刀道 ジョン エバンズ 20:05 – 20:15: 休憩  折り紙体験コーナーも 20:15 – 20:20: 津波について説明  ソロウェイ 明美 www.akemisolloway.com 20:20 – 20:30: 尺八 by Justin Senryu 20:30 – 20:45: 震災孤児をみまもる会の活動報告とこれからの活動(この夏に子供たちを英国に招待する予定など) 20:45 – 21:00: 2分間の黙祷後、ケントすみえさんによるお琴の演奏 :終了   全ての利益金は、エイドフォージャパンに寄付されます。 今年の夏に子供たちを英国に招待する経費に使われます。 問い合わせ: info@aidforjapan.co.uk “Aid For Japan”, registered charity number:…

Read More…

Date: March 3, 2016

Author: admin

Tags:

Comments Off on 震災孤児をみまもる会 in 羽田:2016年予定

震災孤児をみまもる会 in 羽田:2016年予定

Aid for Japan エイドフォージャパン     2016年の夏休みに、震災孤児を英国に招待する計画です。7月27日(水)から8月8日(月)までの13日間を予定しております。 対象:震災、津波で両親をなくした12歳から18歳。対象学齢のお子様同 士であれば、兄弟での応募も可能です。 募集人数:3名。応募者多数の場合は、作文と英国との日本語での電話面接で決定します。 第一次募集締め切り:3月11日(金) 人数が集まらない場合の第二次募集締め切り:4月15日(金) 集合:7月27日 羽田空港近くのホテル(予定) 解散:8月8日 羽田空港(予定)   エイドフォージャパンでの招待内容(参加者ご本人様のみ) *自宅から27日羽田空港近くのホテル(仮)までの交通費 *27日のホテルでの宿泊・夕食代 *28日~8月8日までのロンドン往復の航空券代、ロンドンでの宿泊・食事代・移動の交通費、施設見学等に係るすべての経費 *8月8日、羽田 空港(仮)から自宅までの交通費   参加者ご本人様のご負担いただく経費 *ご自宅から東京~ロンドン往復の海外旅行傷害保険代(13日間)   お子様への付き添いについて 集合、解散時の御自宅から羽田空港までのお子様の交通費用は当団体が持ちますが、付き添いの方は御負担願います。 日本支部の代表の『早川すみか』が、27日と28日にお子様に付き添います。 16歳以下の子供は、航空会社の特別なサービスがあり航空会社の社員が羽田空港からヒースローまでの面倒をみてくれます。   英国では、ヒースロー空港で英国代表の『ソロウェイ明美』が待ち、英国滞在中は付き添います。   <旅程>   7月28日(木)英国人少年3名と、日本人3名ヒースロー空港へ発つ。空港ではソロウェイ明美が車でお迎え。 リッチモンドのホテル泊(ソロウェイの自宅の隣のホテル泊)   29日(金)400年前に国王の別荘だった、リッチモンドを散策   29日夜から31日(日)3泊ホームステイ   8月1日(月)−4日(木)オックスフォード、シェークスピアの誕生地など歴史的に有名な場所を訪問(子供たちの希望も聞く)   5日(金)ロンドンの日本大使館を表敬訪問予定   5日の夜から7日まで3泊ホームステイ   7日(日)ヒースロー発   8日(月)羽田空港着   ホームステイは、できるだけ同年代の子供がいてその子供が日本語を勉強している家庭を選ぶ予定です。場所は、ロンドンを予定しています。 ——————————————————————————————————   下記の『かなさん』の訪英のレポートをお読みください。   3年前にかなさんと訪英したまりあちゃんは、今年の1月に念願の仙台の私立高校に合格しました。以下、彼女が最初に英国に来た時の様子です。ご覧ください。   www.youtube.com/watch?v=IV_XkHZcG5E   —————————————— 2012年/訪英のレポート   かな (17歳)   12月16日(日)   飛行機で成田=>ロンドンへ移動 約12時間、長くて少し疲れました。 英国航空パイロットのマイクさんが車で空港から明美さんの自宅まで、送ってくれました。ありがとうございます。   12月17日(月)  …

Read More…