Date: July 6, 2013

Author: admin

Tags:

Comments Off on ロータリー国際大会

ロータリー国際大会

6月にポルトガルのリスボンで『ロータリー国際大会』がありました。そこで、わたしたちの活動をアビールをしました。最後、チラシがなくなるほど、世界中の人たちが関心を持ってくださいました。日本人ロータリアンから『頑張れ』の応援の声をたくさん頂きました。感謝いたします。

Date: June 24, 2013

Author: admin

Tags: , , , ,

Comments Off on 清里にて震災孤児たちのための夏休み英語合宿

清里にて震災孤児たちのための夏休み英語合宿

期間:2003年7月29日(月)—8月3日(土)(5泊6日) 場所:キープ自然学校 : 山梨県北杜市高根町清里3545 電話:0551−20−7701 主催:エイド フォー ジャパン(Aid For Japan) 参加者:震災孤児のみ(7歳−20歳)ー参加費用は無料 内容:英国人の先生たちと清里の高原で、5泊6日を一緒に過ごします。 英会話の授業だけでなく、英語での歌、踊り、ゲーム、劇、そして乗馬、ハイキング、ピクニック、アートコースなどをします。 この合宿の前後1週間、英国人の先生方は、ロータリークラブの会員の御家族宅に、ホームステイをします。英国人は、ロンドン大学で日本語を勉強中の女子学生たち、音楽家、サッカーのコーチ、アートクラフトが趣味の女子大学生です。 問い合わせ先:info@aidforjapan.org.uk 田中ソロウェイ明美 現在、7名集まっています。17名集まったら、締め切ります。   英国人たちと一緒の夏合宿の内容 2013年 プロジェクト内容:自分たちの歌を作り、日本語と英語で歌う、お菓子交換 7月28日(日) 貸し切りバスで宮城県を発ち、東京へ。 日英のエチケット(テーブルマナーも)を学ぶ 東京のホテルに宿泊。 29日(月) 東北からの人たちは、日英ボランティアと東京観光。 大人4名は、新宿の京王プラザホテルで、今年の新しい JETT向けのイベントにて、活動を紹介する。 17時に、貸し切りバスで皆で清里へ向かう。 キープ学校での宿泊開始(5泊宿泊) 30日(火) 午前はピクニックで、互いを知り合う。 昼食後、学校に戻り教室で歌の歌詞を考える。 夕食後、浴衣を着てキャンプファイアー、花火、スイカ割り 31日(水) 歌のメロディーを作る。 夕食後、日本のアニメを見る。 8月1日(木) 日本語と英語で、歌の練習をする。 2日(金) 歌を録音してCDを作り、皆に配る。良き思いで。 合宿最後の夜なので、パーティーを計画 3日(土) 学校を朝10時に、貸し切りバスで東京の昭島に向けて発つ。 動物の避難所(シェルター)を訪問。 午後6時:セントアンドリュース ソサイアティーが麻布にて 歓迎会を開く。スコットランドの踊りと歌を披露。 私たちの作った歌を日本語と英語で歌う。日本舞踊披露。 4日(日) 朝食は広尾の英国人お宅でバーベキュー、日英ボランティアと東京観光*雪菜さんは、イギリスでミュージックセラピーを勉強中なので、このプロジェクトのリーダーで、ピアノも弾きます。また、全てを録画してホームページに掲載するためのフィルムを作ります。*14歳の日本語を学んでいるティムは、イギリスからギターを持参します。 好きな音楽のCDなどお持ちください。 *持参するもの:タオル、寝間着、歯ブラシと歯磨き粉、上履き、お菓子 *シャンプーやコイン洗濯機有り 22時消灯/入浴 23時まで 英国からの清里夏合宿の参加者 ティム(14歳男子)日本語を勉強中で日本のアニメ、漫画、コンピューターゲームが大好き。ロンドンからギターを持参します。 ポール(20歳代のミュージシャン)7月27日まで、バンドで日本ツアーがあり、その後合宿に参加する。 大澤ゆきな(英国から)ケンブリッジの大学でミュージックセラピーを勉強中です。 ジェイムス (27歳)高校の美術教師で、日本語を勉強中です。  日本からの参加者 早川純香 —私たち団体『エイドフォージャパン』の発起人の一人で、昨年日本に帰国しました。川崎市在住です。 デビッド —今年の東京マラソンで私たちのために走ってくれました。東京勤務で、川崎市在住です。 マーティン —東京の大学で英語を教えています。奥さんは日本人で一人娘がいます。 ザック —東京勤務です。6年前、エジンバラ大学で彼がジャパンソサイアティーの会長をしている時、出会いました。

Date: April 28, 2013

Author: admin

Tags: , , , , ,

Comments Off on 2013年春の日本での活動報告

2013年春の日本での活動報告

3月28日(木) 春日部西ロータリークラブの例会を訪問して、エイドフォージャパンの活動を紹介する 3月29日(金) 2013年の夏の英語合宿参加に興味があり、現在大学で教えているマーティンと面接。 3月30日(土) 清里の夏の英語合宿の場所、キープの下見に行く。 3月31日(日) 東京マラソンで走って、私たちのチャリティーのファンドレイジングをしてくれたデビッド、そして私たちのトラスティーの一人である早川純香さん、私 たちの活動を支援してくれているザックと私、合計4名で話し合い。 4月1日(月) 南三陸町近くにて、のぶこさん(44歳)と男子(12歳)と会う。彼女の妹さんが津波で亡くなり、孤児になった彼を御主人様と育てている。この御夫婦は、子供はいない。 4月2日(火) 仙台駅にて、オーストラリアから前夜帰って来たかなさんと会う。 その後、まりあちゃんの住む児童養護施設を訪ね、小学校が無事に終わり、6年生の成績表を見せてもらう。かなり良い成績で、性格もとても良い、とのコメント。中学校の入学の準備のため、一緒に新しい靴を買いに行く。学校の新しい制服とかばんも見せてもらう。その後、妹のひろみ(当時38歳)さんを津波で亡くし、その娘さん(7歳)を育てている独身の荒さんと会う。彼の両親と同居。 4月3日(水) 仙台青葉地区のロータリークラブの昼の例会にて、私たちの活動の紹介のためのスピーチの時間を25分頂く。 このクラブの会員の家族は、夏休みの合宿での英国人ボランティアの人たちを1週間、無償でホームステイを引き受けてくださる。 その後、子供を4人夫婦で育てていて、姉(当時38歳)を亡くし、彼女の息子(15歳)を引き取り育てている男性と会う。 その後、石巻在住でコンビニを二人で経営していた両親を亡くした美智さん(24歳)と会う。彼女は、15歳の弟の後見人になり、生活を支えるため医療事務をして働く。 4月4日(木) 埼玉県のロータリークラブの、田中徳尚ガバナ ーにお会いするために浦和駅近くの事務所を訪問。 その後、夏の合宿の時に犬や馬と一緒に過ごすのだが、その団体関係者に会う、詳細を話し合う。 <感じた事> 東北の方々は、皆、他人の事を思いやって、他の人も自分よりも大変な体験をしているのではないか、と感じ、何も人に話をする事ができなかった。でも、私は英国在住でロンドンから来た、という事もあり、心を開いて話をしてくれたように感じる。話しながら、涙がポロポロの方もいらした。 これは、私たち団体がイギリス政府に登録されていて、英国から活動している、という強みを感じた。 今回お会いした方々は、真剣に孤児たちの将来を懸念して、精一杯の事をして明るい未来を与えてあげたい、と真摯に思っている方々ばかりだった。 この夏の合宿にて、このような方々の『横のつながり』ができるのは、とても嬉しい。 英国人ボランティアたちと皆で楽しく過ごし、良い思いでを作り、次は英国で再会できるようにしたい。 イギリスと日本のロータリークラブが、スクラムを組んでこれからも私たちの活動を応援してくださり、孤児たちを支援してくれる事に感謝。 <夏の合宿のボランティア> 英国人は、ロンドン大学で日本語を勉強中の女子学生たち、音楽家、サッカーのコーチ、アートクラフトが趣味の女子大学生です。 皆、自分たちで航空券を買って、日本に行きます。

Date: February 3, 2013

Author: admin

Tags: ,

Comments Off on 2012年、訪英のレポート日記

2012年、訪英のレポート日記

子供達の日記 12月15日(土) シェリフさんの家に宿泊 シェリフさんの友達がたくさん来ていました。みなさん優しくておもしろい方たちでした。子どもさんたちがとてもかわいかったです。 温かい家庭でした。 12月16日(日) 飛行機で成田=>ロンドンへ移動 約12時間、長くて少し疲れました。テレビ会社のいびゆうすけさんと、カメラの方とあいました。 英国航空パイロットのマイクさんが車で空港から明美さんの自宅まで、送ってくれました。ありがとうございます。 12月17日(月) バッキンガム宮殿、ビックベン、ウェストミンスター教会、オペラハウス、 ビックベンの夜の照らされているのがきれいでした。マックでのお話がおもしろかったです。ハンドクリームとチョコをくれた大槻さんのミルクシェイクの話。バイオリン。 いっしょに観光してくれたボランティアのみなさんは優しくてきれいで、かわいい方々でした。本当に有り難うございました。 クリス勝井さん、お母さんのパトリシアさんのお宅で夕食。とてもおいしかったです。 チキン、ポテト、ブロッコリー、にんじん、グリンピース、ウィンナー、コーヒーケーキ。 プレゼントをもらってうれしかったです。ネコがいました。 明美さんの家の隣のペギーさん、私たちのために1番最初に寄付してくれた方 88歳。おこずかいをくれたとても優しい方。 ロイヤルオペラハウスの舞台裏の見学。バレエきれいですごかった。リハーサルだけど、見ていて楽しかったです。 12月18日(火) テディントンスクール訪問。 日本の学校とは違って、自由で楽しそうでのびのびした雰囲気でした。 授業も違って、コンピューターを使って自分で曲を作ったり、演劇だったりがありました。クリスマスランチ、紙ヒコーキ作り、Welcome party, いろんな方とお会いしました。プレゼントをたくさんもらった。みなさんのおかげでイギリスにくることができて、とても嬉しいです。本当に感謝しています。 ピーターさんの運転で、ロータリークラブの方々へあいさつ。 12月19日(水) 病院の中の学校訪問。 大英博物館、日本食、シャーロックホームズ、Winter park, ライオンキングのミュージカル、Taxi。 Hospital schoolでは、ケーキのデコレーションをした。子ども達はとても病気だとは思えなかった(見えなかった)。つるをあげた。 ミュージカルのライオンキングは、ねむくて少し寝てしまった。けど楽しかった。音楽、歌、良かった。色がきれい。 Winter parkも楽しかった。レストランで食べた日本食は、びみょうでした。 12月20日(木) 海軍大佐の方の家に宿泊。 乗馬、イヌ、ネコ、ごはん すてきな家でした。乗馬は寒かったけど楽しかったです。みなさん優しかったです。 本当にありがとうございました。 12月21日(金) 海軍大佐のチャールズさん夫婦からプレゼントをもらいました。うれしかったです。くまのぬいぐるみはVery cute. Thank you! ナタリーさん夫婦とジェームスさんと観光 ハリーポッターのキングスクロス駅は思っていたのと違ったけど、良かったです。写真とプレゼントをもらった。 キャロル(歌)は、きれいで上手だった。日本食の東京ダイナーで食事。 12月22日(土) エジンバラへ 歓迎会では外国人が太鼓のパフォーマンスをしていました。 なんか変な感じで、やっぱり日本人の方がいいなあと思ったけど、日本の文化を外国の人が楽しそうにしているのを見ると嬉しかった。 歓迎会での日本食はびみょうだったけど良かった。合唱もピアノもきれいで良かった。ホテルはすごくきれいだった。 12月23日(日) お父さん誕生日。おめでとうございます。 ホテルでの朝食はおいしかった。 エジンバラ城の見学は、興味がないからつまらなかった。 お昼はハリーポッターの作者がそこで書いたカフェで食事。おいしかった。店の人デビッドさんが優しかった。 あつこさんと、としえさん、男の人、有り難うございました。 12月24日(月) まりあちゃんの誕生日。12さい、おめでとう。クリスマスイブ。 おもちゃ屋さんのハムレーはすごかった。人がたくさんいて、にぎやかだった。 ハリーポッターのミュージアムは楽しかったけど、映像で見る方がはく力があるなと思った。 3回目の東京ダイナーでの夕食。 まりあちゃんの誕生日のお祝いのケーキ。おめでとう。 12月25日(火) マイクさん、テレサさん夫妻のお宅へ。食べ物がたくさんでてきました。 やきとり、えびふらい、お昼おいしかったです。クラッカーをたくさんならしました。プレゼントももらいました。ありがとうございました。 夕食は明美さんのお宅で、3人で肉じゃがをつくった。おいしかった。キティーちゃんのケーキもおいしかった。かみのけをロウソクの火で焼いてしまった。…

Read More…